痛風の症状改善お助けサイト

辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

痛風の症状を改善する
おすすめの方法を紹介!

「風に当たるだけでも痛い」と言われる痛風。このサイトではそんな辛い痛みの改善方法や予防法、痛風改善のために摂りたい成分を紹介しています。痛みを何とかしたい方、痛風を予防したい方はぜひ、参考にしてください。

診断テスト TEST
SELF CHECK

あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!

痛風は、30代~50代の男性に多く見られる病気です。

特に肥満気味の方や大食いの方、お酒が好きな方、さらに、激しい運動をされる方も発症しやすいと言われています。尿酸値が高い状態を維持している方も危険ですね。

以下に、自分が痛風の危険があるかどうかを、日頃の生活習慣で簡単にチェックできるセルフチェックシートを作成してみました。あなたは、いくつ当てはまりますか?

食生活が偏っている・乱れている  
ビール・お酒を飲む機会が多い  
イクラ・タラコなどの魚卵やレバーなどの内臓を良く食べる  
肥満気味だ  
水やお茶など水分をあまり摂らない  
激しい運動をすることが多い  
ストレスを感じることが多い  
脂質異常症や高血圧、糖尿病を患っている  
合計 : 0項目

このチェックでもし3項目以上当てはまるようなら、注意が必要かもしれません。また、6項目以上当てはまってしまうという方は、医師の診断を受けることをおすすめします。

痛風は身近な病気ですが、発症すると本当に辛い痛みを味わうことになる恐ろしい病気です。

予防できればそれが一番理想的ですが、もし発症してしまったら、病院での治療を受けるとともに、自分でできる改善方法も積極的に取り入れて効率的な改善を目指しましょう。

痛風を改善させる
方法とは?

痛風を改善させる方法とは? イメージ画像
  • 1病院で治療を受ける
  • 尿酸値や痛風の改善のためには、病院での治療が欠かせません。症状を放置することは避け、診察を受けるようにしましょう。

  • 2適度に運動する
  • 痛風の改善に効果的な方法の一つが肥満を解消することです。また、運動をすることで糖尿病や高脂血症などを予防することも可能です。

  • 3食事に気を配る
  • 痛風を悪化させてしまうプリン体を控えることが痛風の改善につながります。プリン体が多く含まれる食品を知り、普段の食生活から意識することも大切です。

  • 4生活習慣を見直す
  • 生活習慣を見直すことで、痛風が改善することがあります。生活習慣のポイントをまとめたので、痛風改善のためにも見直してみてください。

  • 5有効成分が配合されたサプリを摂る
  • 病院での治療を進めることが痛風の改善には欠かせませんが、痛風に効果がある成分が配合されたサプリメントを摂ることも対策になります。サプリメントにはさまざまなタイプがあるので、自分の症状に合ったものを選びましょう。

痛風を改善するためには上記で紹介した5つの項目が挙げられます。そのなかでも一番効果を実感できるのは病院での治療です。医者の診断や治療、薬の処方によって症状が改善していくでしょう。しかし、痛風の処方薬のなかには副作用が報告されているものもあります。また、適度な運動や食生活の改善などは、普段忙しい日々を過ごしている方だと続けることは難しいのではないでしょうか。

そうした方におすすめなのが、痛風改善が期待できるサプリメントの活用です。毎日の食事のなかから痛風の改善に効果的な成分を摂るのは難しいですが、サプリメントなら手軽です。また、上記で紹介した方法と組み合わせることで高い効果が期待できます。

サプリメントには処方薬のように副作用の心配がないのもおすすめできる理由です。痛風の改善に効果的なサプリメントには、尿酸の排出を促すものや尿酸の産生を抑えるもの、関節痛を緩和するものなど種類があります。成分によっては飲み合わせを注意する必要があるため、医者に相談するようにしましょう。痛風の予防という点においてもサプリメントの活用はおすすめです。痛風に対して有効性が証明された成分を含むものもあるため、チェックしてみてください。

そもそも痛風とは? イメージ画像

そもそも痛風とは?

痛風とは、血液中の尿酸という物質が、固まって結晶化することで発症する病気です。

尿酸は普段より体内に存在している物質ですが、健康な体であれば、排出される量と作り出される量のバランスは一定に保たれています。しかし、このバランスが崩れて、排泄される量よりも多く作られた尿酸は体内に蓄積。血液中の尿酸濃度が高くなることで、痛風が引き起こされます。

尿酸値があがる理由として、遺伝的な要因をはじめ、食生活や飲酒・ストレス・病気・薬剤の影響などの環境要因が深く関係しているといわれています。

血液中に増殖した尿酸は針状の結晶となります。これが、足の親指の付け根や関節付近などに溜まることで、強い痛みを引き起こします。自覚症状がなく急に発症することが特徴で、いったん痛風の発作が起これば関節が腫れ上がり、靴を履くことや歩くことも困難に。

痛風の症状は、このようないわゆる「痛風発作」や「関節の腫れや変形」のみならず、痛風結石と呼ばれるコブやしこりの出現、腎障害や肥満高脂血症、糖尿病、高血圧症など、さまざまな生活習慣病を併発する可能性も高くなるため注意が必要です。

痛風の検査方法

設備の整った病院であれば、一般的な内科で痛風の検査は受けられます。血液・尿検査により、尿酸値の測定、痛風のタイプを調べます。また、レントゲン検査や関節液の採取などにより、関節や骨の変形を確認し、あらゆる角度から原因と症状の改善を特定できます。

また、現在では痛風の検査キットがあるため、病院に足を運ばなくても自宅での検査が可能です。しかし、あくまでも簡易検査であるため、重い症状に悩む場合や合併症の可能性も考えると、病院での検査をオススメします。

症状や発作が数日でおさまることも多く、放置してしまいがちな痛風。しかし、血液中の尿酸が増え続けることで血管に大きな負担がかかり、動脈硬化へとつながるケースは非常に多く見られます。

これは肥満高脂血症、糖尿病、高血圧症へとつながり、心筋梗塞や脳梗塞といった重篤な病気を併発する要因にも。また、痛風により生じた結晶や結石は、腎臓に溜まることで尿管結石や血尿といった腎障害も引き起こします。

これらの病気を併発しないためにも、早期の診断・治療が重要となります。

痛風は暴飲暴食が原因と思いがちですが、それだけではありません。傾向としてはストレスを感じやすい人や神経質な人はなりやすいと言われています。主に責任感が強いリーダー気質の方は、ストレスを知らず知らずのうちにため込んでしまうので、注意しましょう。

また、意外なところで言えば、スポーツマンなども痛風になるリスクが高いとのこと。汗を大量にかくので、尿として排出される分が少なく、尿酸だけが溜まっていく傾向にあるようです。サウナや炎天下の作業が多い方も同様ですので、尿として排出される分の水分は摂っておきたいものです。

痛風だけでも耐えられないのに、さらに合併症を引き起こすのは、なんとしても避けなければなりません。主に痛風にとって発症する慢性腎臓病や尿路結石、生活習慣の乱れが原因の高血圧や糖尿病といった症状が多いようです。

どちらの病気も一歩間違えば、命の危険性もありますので、少しでも異変を感じたら医師に相談することをオススメします。また、放置することによって、さらに恐ろしい合併症を引き起こす恐れもありますので、十分に注意しましょう。

痛風改善のために知っておきたい
尿酸値の正しい知識

痛風を改善するためには、尿酸値について理解しておくことが大切です。尿酸値が痛風の原因ということは一般的に良く知られていることですが、尿酸値とはどういうものなのか、数値が高いことで起こる症状を知っている人は少ないでしょう。これらについて理解を深めておけば、効果的な改善方法を選択することができるようになります。尿酸値の基礎知識をまとめたので、改善を目指す方は参考にしてみてください。

痛風に影響する尿酸値の基礎知識
  • 尿酸値とはどのような値なのか、尿酸とプリン体の関係、尿酸が作られるメカニズムなど基本的な情報をまとめています。尿酸値の検査方法や男女別の基準値も紹介しています。痛風や尿酸値について知りたい方はチェックしてみてください。

  • こちらのページでは尿酸値が上がる原因について詳しく解説しています。尿酸値は、体内で作られる尿酸と排泄される尿酸のバランスが関係しています。このバランスが崩れてしまう原因には何があるのでしょうか?尿酸値に悩んでいる方にとって役立つ情報を紹介します。

  • 尿酸値を下げるために普段からできることをまとめました。生活習慣を見直すことで尿酸値が改善することがあります。具体的な方法をいくつか紹介しているので、尿酸値が高い方は参考にしてください。

  • 痛風と高尿酸血症の関係について紹介します。また、高尿酸血症と診断される尿酸値の基準や原因についてもまとめました。痛風以外の合併症を引き起こすともいわれている高尿酸血症について理解を深めておきましょう。

  • 痛風結節は尿酸の結晶が皮膚の下に溜まることで発症する病気。ここでは痛風結節が現れやすい部位や原因について紹介しています。放置することで悪化する可能性が高い痛風結節を見逃さないためにも、確認しておきましょう。

痛風の治療薬にはどんなものがある?

病院で痛風の治療を受ける場合、痛風の治療薬が処方され、それを服用します。治療薬にはいくつかの種類があり、痛風の状態や治療期間、身体機能などを踏まえて医師が処方する薬を決めます。治療薬の効果はそれぞれ異なるため、知っておくことが大切です。

治療薬は痛みを抑えるものと、尿酸値をコントロールするものに分けることができます。例えば、副腎皮質ステロイド剤や非ステロイド性抗炎症薬は痛みを抑えるものであり、発作を抑えるコルヒチンもこちらに分類されます。尿酸値をコントロールするものとしては、尿酸排泄促進薬や尿酸生成抑制薬が代表的です。このように痛風の治療薬はその効果が異なります。

また、痛風改善のためには、治療薬に頼るだけでなく生活習慣の見直しも必要です。有効成分が配合されているサプリメントを活用しても良いでしょう。治療薬の場合には副作用の心配がありますが、サプリメントでは副作用が起こることはほとんどありません。

下記では痛風の治療薬の効果や副作用を、それぞれまとめました。安心して治療に臨むためにも、自分に処方された薬がどのような効果を持っているのか確認しておくことをおすすめします。

コルヒチンは発作抑制薬という名称からわかる通り、発作を抑制してくれる薬。コルヒチンが発作を防ぐメカニズムや服用の注意点についてまとめました。

体内の尿酸を排泄する力が低下してしまった方に処方される薬が尿酸排泄促進薬です。この薬が尿酸の排泄を促す仕組みを紹介します。飲み合わせや副作用などについても確認しておきましょう。

尿酸の生成に関係する酵素の働きを弱めることで尿酸の生成量を抑える働きがあります。代表的な尿酸生成抑制薬や服用時の注意点についてまとめました。

痛風発作の痛みに対して効果的な薬です。炎症を抑えて痛みを軽減してくれます。非ステロイド性抗炎症薬を用いた療法について詳しくまとめました。

副腎皮質ステロイドも、炎症を抑えて痛みを軽減する薬です。高い効果が期待できる分副作用のリスクも大きいため、使用される場面は限られています。

身体や尿をアルカリ性にする目的で処方される薬です。アルカリ性にすることで尿酸を排泄しやすくすることが目的です。尿酸の排泄が促され仕組みや服用の注意点を紹介します。

痛風になってしまった人の体験談

太り気味の体型の人やもともと尿酸値が高い人などは痛風になりやすいといわれています。しかし、痩せ形で健康診断でも問題がない人や20代という若い年齢で痛風になってしまう方もいます。

痛風と聞くと中年男性がかかる病気と思われがちですが、決してそのようなことはありません。今回紹介する体験談のなかには、痛風になりやすい食生活や実際に行った対策などを紹介しています。

「生活習慣を改善しておけば良かった」「痛風の予兆を見逃して悪化してしまった」と後悔しないためにも、参考にしてみてください。

痛風の体験談はこちら

あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!