辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

HOME/ どうして私が!?痛風の体験談/ まだ若いと油断して…

まだ若いと油断して…

痛風は中年男性がなるもの、というイメージがあるかと思いますが、近年は20代であっても若年性の痛風に悩まされる人が増えています。以下は、20代で痛風になってしまった人の体験談です。

20代だったし体型も普通だった…

Dさん・20代・サラリーマン

20歳を迎えてから、かなりの頻度でビールを飲んでいたというDさん。当時は接待や付き合いで飲む機会の多い職に就いていたこともあって、量も相当なものだったと言います。Dさんの家系は肝臓が強く、両親も日常的にお酒を嗜んでいたとのこと。そんな経緯から、その時はいくら飲んでも大丈夫だろうと高を括っていたそうです。

じっさい、当時のDさんは至って健康。体型も標準的で、病気とは無縁の生活を送っていました。

何も知らず無邪気にお酒を飲んでいた

しかし、Dさんは大事なことを見落としていたのです。それは、体内で増え続けていた尿酸。

痛風の原因は、プリン体という物質です。プリン体はビールなどに含まれる物質で、体内で分解されると尿酸になります。尿酸はある程度までは尿として排泄されますが、増えすぎると関節部分で結晶化して、激痛を引き起こします。

Dさんは、尿酸についてとくに意識することなく、飲み会を楽しんでいました。愛飲しているビールはもちろん、お酒のあてとなる食事にも、プリン体を含むものが少なくありません。しかもアルコールは、体内で分解される時に水分を使うため、相対的に尿酸値も上がることになります。

そうした事実を知らないまま数年過ごした結果、Dさんは20代半ばにして痛風を発症してしまいました。

凄まじい激痛で歩けなくなる

ある日の明け方、Dさんは足の親指の付け根に凄まじい激痛を感じて目を覚まします。それこそのたうち回るほどの痛みで、トイレに行くことすらままならない状態に。

Dさんは痛みの原因を必死に考えたといいます。足の親指がつっているのか。前日にどこかで挫いてしまったのか。しかしいくら考えても答えは出せず、数時間耐えて開院を待った後、すぐに最寄りのクリニックで診断を受けました。

検査の結果、痛風であることが確定。Dさんは発作に戦々恐々としながら健康を意識した生活を送ることとなりました。

若いうちから予防策を取っておくべき

Dさんの体験談は極端な例ですが、20代の若年性痛風患者が増えていることは間違いありません。酒量はもちろん、高カロリーな食生活を続けることも、痛風を発症する大きな要因となります。

現代日本はストレス社会であるうえ、晩婚化により20代で独身という人が多数派です。ストレス解消のために暴飲暴食をしたり、食事をインスタント食品やコンビニ弁当で済ませたり、不摂生な食生活を助長する環境が出来上がってしまっています。

若いからと言って油断はせず、節度を保った食生活を送ることが大切です。毎食気を使うのが手間であれば、サプリメントなどの健康食品を利用するのもよいでしょう。一度痛風になったら、完治は非常に難しいとされています。若いうちから生活習慣に気を配り、予防を徹底しましょう。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!