辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

HOME/ そもそも痛風とは?/ 懸念される合併症は?

懸念される合併症は?

痛風には、それ自体より恐ろしいとも言える合併症がつきものです。どのような合併症のリスクがあるのか、その種類や原因について紹介します。

痛風=尿酸の結晶化によって起こる合併症

痛風は体内に尿酸が溜まって結晶化し、関節炎や結節が起こる疾患ですが、この尿酸の結晶化によって直接引き起こされる疾患がほかにもあります。それは、慢性腎臓病や尿路結石などです。尿酸の結晶が腎臓に溜まれば腎臓病になり、尿道に溜まれば尿路結石となるわけです。

尿酸の結晶化が直接関わる疾患なので、痛風と慢性腎臓病、尿路結石は兄弟のような存在です。「同じ疾患の中の症状の違い」と捉える考え方もあります。痛風は足の親指の付け根などの関節炎や結節、激しい痛みなどが代表的な症状ですが、同時に腎臓疾患や尿路結石など、もっと深刻な疾患が起こっている可能性が高いのです。

尿酸結晶が直接関わらない合併症

尿酸の蓄積や結晶化が直接関わる病気ではありませんが、痛風の人が罹患しやすい病気があります。それは、高血圧や高脂血症、肥満、心血管障害、脳血管障害など。特に高血圧は、痛風を患っている方の約半数が該当すると言われるほど、合併する確率が高い疾患です。尿酸が増加している方は、血中のコレステロールや中性脂肪も多い傾向にあり、直接尿酸が関わらなくても、血液に関連する疾患を合併することがあるのです。

言うまでもありませんが、高血圧や高脂血症は、そのまま放置していると動脈硬化など命に関わる恐ろしい病気へと進行することも考えられ、十分に注意しなければなりません。

糖尿病予備軍に痛風患者が多い!?

痛風やその前段階の高尿酸血症を罹患している方には、糖尿病やその予備軍の患者さんも多いと言われています。糖尿病は生活習慣や遺伝などの要因でインスリンの働きが悪くなり、血中の糖分のコントロールができなくなって、血糖値が高くなってしまう病気です。痛風と同様に、血液中に余分なものが溜まってしまう疾患であると言えます。痛風と糖尿病は、似たような生活習慣の方がかかりやすいという特徴があり、併発する方が多いのです。

糖尿病を発症してしまうと、余分な糖分を排出するために尿の量が急激に増え、尿酸も一緒に排出されますから、痛風の症状は落ち着く傾向にあります。しかし、糖尿病を発症する前の予備軍と呼ばれる方は、それほど尿の量が増えておらず、血液中に糖分や尿酸があふれている状態なわけですから、痛風の症状を強く訴えるケースが多くなってしまうのです。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!