辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

HOME/ そもそも痛風とは?/ なりやすい人の特徴って?

なりやすい人の特徴って?

お酒が好きで脂っこい食事が好きといった食生活の問題だけではなく、生活習慣や性格によっても、痛風の発症リスクが高まると言われています。

痛風になりやすい人の習慣や性格の特徴についてまとめてみましょう。

痛風の原因は暴飲暴食だけにあらず

タンパク質やプリン体を多く含む食事や飲酒が痛風の主な原因と考えがちですが、ストレスや生活習慣、性格などの要因によっても引き起こされることをご存知でしょうか?

ストレスや性格が病気に与える影響については、すでにさまざまな研究がなされています。心疾患や脳血管障害などは、ストレスを多く感じやすい神経質な性格の方は発症リスクが高まると言われていますし、痛風に関しても例外ではありません。痛風を発症しやすい性格、生活習慣を持つ方がおり、それらに該当する方は飲食に注意するだけでなく、日々の生活にも注意が必要になってきます。

責任感や向上心が強いリーダータイプは要注意

痛風を発症しやすいタイプの例として、リーダータイプの人が挙げられます。

責任感が強く、人の上に立つタイプの方は、日常的に強いストレスを受け続けることが多く、それを溜め込んでしまう傾向にあります。ストレスは血行や代謝を抑制してしまうこともあり、あらゆる病気につながりやすくなってしまいます。さらに、溜め込んだストレスをお酒で発散させる機会が多くなり、食事の面からも痛風へのリスクが高まります。

40代以降の男性は、職場で責任ある立場にある方も多いですし、そのストレスを暴飲暴食で発散させることで一気に痛風発症へとつながってしまうのです。

一見健康なスポーツマンも実は痛風リスクが高い

痛風は血液中の尿酸濃度が高くなることで起こります。血中の尿酸は、尿と一緒に体外へ排出される仕組みとなっていて、汗によって排出されることはありません。激しい運動をして大量に汗をかくと、尿として排出される水分が少なくなってしまい、尿酸が血液中に残ってしまうことになります。

スポーツだけでなく、サウナなどで大量に汗をかいた時も同じことが言えます。日常的に激しいスポーツを行なったり、サウナや炎天下の作業が多い方なども、痛風を発症するリスクが高いのです。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!