辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

HOME/ そもそも痛風とは?/ 放置するとどうなる?

放置するとどうなる?

痛風を放置または勝手に治療中断した場合にかかりやすい病気や、合併症などについて紹介しています。

放っておくと危険な痛風発作!

痛風の発作では、我慢できないほどの辛い痛みが続きますが、何日かするとその激痛もあっけなく治まります

しかし、痛みが消えたからといって、決して高尿酸血症が改善されたわけではないので、放っておくのは禁物。この段階できちんと治療を行わなかったり勝手に治療を中断したりすると、確実に病状は進行していきます

治まった発作も忘れた頃にまた再発し、徐々にその頻度も短くなって発生箇所も広がっていきます。くるぶしや足首、かかと、ひざの関節、また手の指や手首に痛みが出ることも。

さらに進行すると、常に身体のどこかが炎症を起こしている、慢性関節炎の状態にもなり兼ねません。

そして、ここまで病状が悪化すると、痛風結節の恐れも出てきます。これは、関節以外の皮下に尿酸が蓄積し、尿酸結晶を含んだコブが発生する症状です。とくに低体温の箇所に出来やすく、手指の関節やひじ後ろ、耳、足指の関節やくるぶしなどに多くみられます。

また、尿酸ナトリウムの結晶は腎臓の中にも出来ることがあり、腎機能障害を引き起こす原因にもなります。

さらに、尿酸の酸性過剰型においては、尿の中の尿酸量が過剰に増えて溶け辛くなるため、尿路結石が発生しやすくなります。これにより尿の流れが妨害されると、ますます腎臓に負担がかかってしまいます。

また一方で、痛風に合併して引き起こされる高血圧や糖尿病、高脂血症等により腎臓の細胞脈で動脈硬化が起こると、これもまた腎臓障害の原因となります。

このような、痛風の影響による腎障害のことを痛風腎と呼びますが、これを放っておくと、次第に腎不全へ悪化していきます。

また、虚血性疾患や脳血管障害といった合併症が進行することもあり、痛風は絶対に放置してはいけない病気のひとつなのです。

このような事態を避けるためにも、まずは病院での治療をしっかりと行いましょう。

そして、より効率的に痛風を改善させるためにも、治療にプラスして、効果的な成分を含むサプリメントの摂取をおすすめします。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!