辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

HOME/ そもそも痛風とは?/ どんな症状が出る?

どんな症状が出る?

痛風の具体的な症状について、進行度別に紹介しています。

痛風発作の症状を段階別にチェック!

それでは、段階別に痛風の症状を見ていきましょう。

“痛風予備軍”と言われる高尿酸血症

体内の尿酸濃度が高い高尿酸血症の状態(無症候性高尿酸血症期)は、痛風の一歩手前。この状態が改善されることなく何年か続くと、いずれ関節に炎症が起こり、急性の激しい痛みが発症します。これが、いわゆる痛風発作です。

ちなみに、人にもよりますが、痛風発作には前触れがある場合があります。足の裏に痺れを感じる、つま先がピリピリする、足の指に鈍痛や違和感がある…などなど。

こういった初期症状が、徐々に痛みや腫れとなって自覚できるほどに進行すると、いよいよ痛風発作が疑われます。

急激な痛みが発症

痛風が発症すると、“風が吹くだけでも痛い”とよく言われるように、急な激痛が起こります。

夜寝る前までは何の異常も感じなかったのに、就寝中、何となく足の親指などの関節が痛み出し、そこが赤く腫れ上がり熱を帯び出します。徐々に痛みが強くなって朝方には耐えられないほどの激痛になっている…というケースが多々あります。

このような急激に起こる激しい関節痛が痛風の特徴で、靴を履いたり、歩くこともままならない痛みに襲われます。

数日間続く症状

痛風の発作では、このような、どうしようもなく痛いという状態が数日間ほど続きます。そして、だんだんと和らいでいき、腫れ上がって赤くなっていた部分も暗赤色へと変わり、1~2週間ほどで痛みは消えます。

このような辛い症状に悩まされる痛風。初期のうちは、数日間の痛みが稀に引き起こされる…といった程度で済みますが、きちんとした治療を行わずに放っておくと、いずれ慢性化してしまい、常に身体のあちこちに発作が起こる慢性関節炎になることが考えられます。

こうなってしまうと治療も困難となり、苦痛もひどくなるため、初期症状を見逃すことなく早めの治療を行うことが何よりも重要です。少しでも疑わしい症状を感じたら、まずは病院へ行きましょう。

そして医師のもとでの治療を行うとともに、ぜひ、効率的な改善を図るためにも、効果的な成分を含んだサプリメントの摂取をおすすめします。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!