辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

HOME/ 今日から始めたい痛風の改善方法/ アルコールと上手に付き合う

アルコールと上手に付き合う

痛風の最も大きな原因と考えられるのが、アルコールの過剰摂取です。最近よく言われる、プリン体の危険性と合わせて、痛風を悪化させないアルコールの摂取方法について考えてみましょう。

ビールはアルコールの中でプリン体が最も多い

ビールは痛風の敵とよく言われますが、これはビールに含まれるプリン体の量がほかのアルコール飲料に比べて多いからです。例えば、缶ビール1本350ml中に約20mgのプリン体が含まれていると言われています。プリン体は痛風の原因物質である尿酸に変換されやすい物質ですから、これが多く含まれている食品や飲み物は、できるだけ避けた方が無難です。

しかし、プリン体はビールだけに含まれているわけではなく、牛肉や豚肉などの肉類などにも多く含まれます。ビールが目の敵にされる理由は、その摂取量です。肉類などは100gに換算すると、含まれるプリン体の量がビールの4~5倍もあるそうですが、お肉を飲み物ほど大量に摂取することはありません。食品に比べて、ビールは大量摂取につながってしまうことが多く、その摂取量が問題となるわけです。さらに、食物に含まれるプリン体に比べると、飲み物に含まれるものの方が、体への吸収率が高くなってしまうことも考えられます。

飲むならプリン体が少なめのワインや焼酎を

日常的にアルコールをたしなむ方は、痛風の危険性があるからと言っても、断酒するのはなかなかハードルが高いものです。どうしてもお酒がやめられないという場合、できるだけプリン体の少ないアルコールを選ぶという方法があります。

例えば、同じ量でもビールを飲むならばワインや焼酎など、プリン体のあまり含まれていないものを選んでみてはいかがでしょうか。ワインには血中の尿酸値を上昇させない作用があるとの報告もあり、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒にはプリン体が含まれていないので、高尿酸血症と診断された方の多くがビールから焼酎派へ乗り換えているそうです。

アルコールそのものの摂取量を控えることも大切

いくらプリン体の含まれないお酒を選んでいたとしても、大量に摂取しては痛風のリスクが高まってしまいます。アルコールは、体内で分解される際に尿酸を発生する性質があり、尿中に尿酸が排出される作用を妨げる働きもあります。アルコールを摂取すること自体が、尿酸の量を増加させてしまうので、どんな種類のお酒であっても大量に摂取せず、適量を守ることが重要なのです。

1日の摂取量として適切なのは、ビールなら500ml、ワインや日本酒は180ml、焼酎は120mlくらいだと言われています。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!