辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

HOME/ 今日から始めたい痛風の改善方法/ 医師の診断を受ける

医師の診断を受ける

尿酸値が高い人・痛風を改善する方法のひとつ、病院での治療について解説しています。

痛風を改善するには病院での治療が第一!

尿酸値や痛風を改善するためには、まず病院でのきちんとした治療が必要不可欠になります。発作が治まったから…忙しいから…と放置せずに、必ず医師の診断と治療を受けるようにしましょう!

痛風を改善するための処方薬には、主に症状のコントロールを目的とする薬と、痛みを和らげる薬、発作を抑える薬があります。

また、改善にいち早く近づくためには、病院での治療にくわえ、医師に相談しながら効果的な成分を含むサプリメントの摂取もおすすめです。

以下に、痛風改善に使われる主な薬剤の種類を挙げてみました。

痛風発作予防剤

2度目以降の発作を抑制・回避するために処方されます。この目的で使われる「コルヒチン」という薬剤は、1日にたった1錠の服用でも充分な効果を得られます。

痛風発作予防剤についてもっと詳しく見る

尿酸生成抑制薬

尿酸が過剰に産生されるタイプの高尿酸血症患者に使われる薬剤。体の中で尿酸が産生されるのを阻害することにより、尿酸の血中濃度を抑制します。

尿酸生成抑制薬についてもっと詳しく見る

尿酸排泄促進薬

尿酸排泄低下型の高尿酸血症に効果的な薬剤。尿酸排出を排尿によって促す働きをし、尿酸の血中濃度を低下させます。

尿酸排泄促進薬についてもっと詳しく見る

非ステロイド性抗炎症剤

発作時の痛みを和らげるための薬剤。対症療法として使われます。投与の量によっては副作用で胃腸炎が起きる場合があるため、慎重に使う必要があります。

非ステロイド性抗炎症剤についてもっと詳しく見る

副腎皮質ステロイド

前述の「非ステロイド性抗炎症剤」で抑え切れない痛みに対して使われます。効果が高い分、副作用も強く出るため注意が必要です。

痛風の治療では、以上のような薬剤を組合せながら、日常生活をスムーズに送れるようにしていきます。

副腎皮質ステロイドについてもっと詳しく見る

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒョウガトウキ」
ヒョウガトウキの効果

ヒョウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!