辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

HOME/ 今日から始めたい痛風の改善方法/ 医師の診断を受ける

医師の診断を受ける

尿酸値が高い人・痛風を改善する方法のひとつ、病院での治療について解説しています。

痛風を改善するには病院での治療が第一!

痛風を発症してしまったら、ひとまずは病院で医師の診察を受けることが治療への第一歩です。しかし、一口に痛風治療といっても、その内容は症状の深刻さや時期によってまちまちです。

たとえば、発作が今にも起こりそうだという場合には、身体の免疫反応を抑制して発作を未然に防ぐ治療法がとられます。また、痛風発作が起こってしまった場合には、抗炎症剤を短期間で大量に投与し、関節の炎症をおさえて苦痛をしずめる治療が最優先で行われます。その後、痛風が起こりにくい体内環境を作るために尿酸値を下げたり、腎疾患や肥満、高脂血症などの合併症の発症を予防したりといった治療を患者の体質や既往症を考慮しながら慎重に進めていきます。

以上のように、痛風治療は症状や時期によって目的が異なり、その目的によって処方される薬剤も異なってきます。治療を受ける際は、自分の治療が今どのような段階にあるのかを理解しておくのが理想的です。下記で痛風治療では、どのような薬剤が使用されるのかを治療の目的ごとに説明いたします。

痛風発生抑制剤(コルヒチン)

痛風の深刻な発作を防ぎ、ムズムズ・ビリビリといった前兆の段階でしずめることを目的とした薬です。

痛風発作は、身体の免疫系統が尿酸を異物と認識して攻撃するために激しい炎症や痛みを生じます。痛風発生抑制剤は免疫の働きをおさえるため、発作の前兆が起こり始めたタイミングで服用すると発作の抑制に効果があります。また、尿酸降下薬の服用によって尿酸値の急下降が予想されるときに発作予防として併用することがあります。

痛風発生抑制剤(コルヒチン)についてもっと詳しく見る

尿酸生成抑制薬

尿酸産生過剰型の高尿酸血症の患者さんに主に処方される薬です。体内で尿酸を作り出す酵素の働きを阻害し、尿酸ができにくくすることによって血中の尿酸値を下げ、痛風の進行を防ぐ効果があります。

主にアロプリノール系、フェブキソスタット系、トピロキソスタット系の3種がありますが、薬剤によっては、腎機能障害・肝機能障害と相性の悪いものがあります。既往歴のある方は医師の指導のもと薬の服用量をしっかりと守るようにしましょう。

尿酸生成抑制薬についてもっと詳しく見る

尿酸排泄促進薬

尿酸排泄低下型の高尿酸血症の患者さんに主に処方される薬です。腎臓の働きを助け、尿中にたくさんの尿酸を排出させることによって血中の尿酸濃度を低下させていきます。

尿酸排泄促進薬を服用中は一時的に尿に含まれる尿酸量が多くなり、排出しきれなかった尿酸が結晶化して尿路結石が起こりやすくなります。結石予防のため、尿の酸性を緩和させて尿中に結石を溶けやすくする薬が合わせて処方されることがあります。

尿酸排泄促進薬についてもっと詳しく見る

非ステロイド性抗炎症剤

痛風発作が起こったとき、炎症を抑えて激しい痛みをしずめる目的で処方される薬です。通常、痛みのピーク時に1日間程度のごく短期間で集中的に投与し、炎症を一気に鎮静化させます(NSAIDパルス療法)。短期間で多量の薬を服用するため、医師の指導する用法用量をしっかりと守ることが大切です。主な副作用である胃腸障害(潰瘍)にも十分注意すべきです。

NSAIDパルス療法を行った後も、まだ強い痛みが残存する場合は量を減らして常用量で処方することがあります。

非ステロイド性抗炎症剤についてもっと詳しく見る

副腎皮質ステロイド

非ステロイド性抗炎症薬と同様、痛風の発作時に炎症をしずめて、激しい痛みを取り除くための薬です。

非ステロイド性抗炎症薬は胃・腸潰瘍の副作用が出やすい薬ですので胃腸障害のある患者さんには処方できず、代わりに副腎皮質ステロイドが処方されます。

また、副腎皮質ステロイドは非ステロイド性抗炎症薬よりも強力な抗炎症作用を持つ薬ですので、非ステロイド性抗炎症薬で十分な痛みの軽減が得られなかった患者さんや、発作箇所の多い患者さんにも使用されます。

痛風の治療では、以上のような薬剤を組合せながら、日常生活をスムーズに送れるようにしていきます。

副腎皮質ステロイドについてもっと詳しく見る

酸性尿改善薬

健康な人の尿は弱酸性ですが、痛風を起こした人や尿酸値が高まっている人の尿は、酸性に傾いていることが多いです。尿酸はもともと水に溶けにくい物質で、酸性の尿にはさらに溶けにくい性質を示すため、尿が酸性だと尿酸をうまく排泄できなくなりどんどん体内に蓄積し、痛風の原因となります。

酸性尿改善薬はクエン酸を主成分とする薬品で、体内で化学反応を起こして尿をアルカリ化させ、尿酸が溶け出やすいように尿のコンディションを整えてくれます。

酸性尿改善薬についてもっと詳しく見る

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!