辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

適度に運動する

尿酸値や痛風を改善するための方法のひとつ、運動について、くわしく解説しています。

痛風・尿酸値改善のための運動のポイント

痛風を改善するための方法のひとつとして、運動療法が挙げられます。その理由は、痛風の改善には“肥満の解消”が大きなキーワードになるからです。

痛風を発症してしまう人の中には肥満体型の人が多くみられ、肥満であることはその分、痛風発症のリスクが高いとも言えるのです。また、肥満の解消は、合併症の危険がある糖尿病や高脂血症といった生活習慣病の予防にもつながります

痛風改善のためにも、合併症予防のためにも、ぜひ運動療法を取り入れてみましょう。また、運動と併せて、痛風改善に効果的な成分を含むサプリメントを摂取することもおすすめです。

以下に、痛風改善のための運動療法のポイントをまとめてみました!

有酸素運動を長期間行う

痛風改善に効果的な運動は、水泳やウォーキング、サイクリングといった軽めの有酸素運動。これらを20分間以上継続し、長期間続けることがポイントです。

やり過ぎ、頑張りすぎは禁物。適度な負荷と時間で行うことが大切です。

激しい運動はNG

痛風の改善を目的とした場合、過度な筋トレや激しい運動は禁物。新陳代謝が活発になりすぎたり、大量に汗をかくと体の中の水分が減少し、それが腎臓への負担となって、尿酸値を上昇させてしまいます。

急激に尿酸値が上がると、痛風が発生しやすい状態に。さらに、筋肉の疲労により発生する乳酸も、尿酸の排出を低下させる原因となります。

こういった状態を招いてしまう無酸素運動は避けるようにし、無理なく長時間持続できる有酸素運動を行いましょう。

タイミングに注意

痛風改善のための運動療法では運動を行うタイミングも大事。まず、発作が起きていない時期を選んで行ってください。

これは、発症している関節部分を運動で損傷しないようにするためです。また、体調がすぐれない時には無理して運動をしないようにしましょう。

普段の生活の中で無理なく運動が続けられる習慣をつけることが何よりも大切です。

水分補給を忘れずに

運動を行う際には、十分に水分を摂ることを忘れないでください。尿酸値が高い人の場合は、特に意識して水分を摂取しましょう

運動時、そして運動後は一度にたくさんの水分を摂るのではなく、こまめに補給するのがポイントです。

痛風改善のための運動療法というのは、短期間に効果が現れるものではないので、効果が感じられないからといってすぐに辞めたり、焦って無理な運動をしたりするのは禁物です。

継続して続けられる自分に合った方法を見つけ、習慣づける努力をしてみましょう。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!