辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

HOME/ 今日から始めたい痛風の改善方法/ 漢方で痛風・高尿酸血症を治療する

漢方で痛風・高尿酸血症を治療する

漢方薬を使って、西洋医学とは違ったアプローチで痛風治療を行う方法について解説していきます。

関節炎や痛みが激しい時の漢方薬

中医学では、痛風は美食が高じて胃腸の働きが弱まり、血中に熱が発生して足元まで降下して痛みが発生すると考えられています。足の関節に熱がこもって気や血の流れが悪くなっている状態ですから、血流や代謝の滞りを改善する防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)や竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)などを処方し、痛みがなくなるまで服用します。さらに、胃腸の働きを高める漢方薬を処方することもあります。

高尿酸血症を改善する漢方薬

関節炎や痛みがなくても、尿酸値が高い状態が続いていればいつでも痛風を発症する恐れがあります。そこで、根本的な改善を目的に、解毒や発散、利尿作用のある漢方薬をいくつか組み合わせて処方されます。

例えば、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)や猪苓湯(ちょれいとう)、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)などを組み合わせ、少なくとも1年ほどは服用するとよいと言われています。

痛みがなくなったあとも治療を続けることが肝要

漢方薬を用いた中医学的な治療は、病気の症状を即座に取り除くというよりは、体質改善を促して症状が出ないように改善していく方法と言えます。飲み始めてすぐに効果が表れるものではありませんが、半年、1年と治療を続けることで徐々に症状がなくなっていくことを実感できるようになってきます。

運動や飲食物の制限をすることによって改善するということを知ってはいても、そう簡単にできるものではないはずです。そんなときに漢方薬は手助けをしてくれます。

さまざまな形状で摂取することができる漢方薬。煎じ薬を飲み続けるのが難しい場合は、エキス薬などもありますし、クリニックで簡易的な漢方薬を処方してもらえる場合もあります。続けやすい方法・続けやすい価格の薬について、クリニックや漢方薬店に相談してみるとよいでしょう。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!