辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

生活習慣を見直す

痛風の改善につながる生活習慣について解説しています。

痛風改善のために気を付けたい生活習慣のポイント

食生活や運動療法以外でも、日頃の生活習慣を見直すことで痛風の改善につながることがあります。

生活習慣の見直しと併せて、効果的な成分を配合したサプリメントを摂取することで、より高い効果が期待できます。

以下に、痛風改善のために気を付けたい生活習慣のポイントをまとめてみました!

ストレスを溜めない

ストレスが尿酸値に影響を与えるメカニズムについてはハッキリと解明されているわけではありません。ですが、ストレスを抱えている人ほど尿酸値が高い傾向があることは確かなようです。

1つの説として、ストレスにより代謝が活発になることで尿酸の産生が増加するとともに、排泄も抑えられてしまうというものが挙げられます。ちなみに、ストレスは血圧やコレステロールを上げる原因にもなり、良い事は1つもありません

かといってストレスをゼロにすることは不可能だと思いますが、できるだけ日頃のストレスを溜めずに発散することを心掛けましょう。リフレッシュは大切です。

また、睡眠不足も痛風に影響を及ぼすと言われています。休息や睡眠はしっかりと取って、できるだけストレスを溜めない生活を送りましょう。

水分を摂る習慣をつける

汗をいっぱいかくと、体の中の水分量が減少して尿酸値が上昇します。また発汗により尿の排泄量が減ってしまうため、それに伴い尿酸の排出量も減ってしまいます。

もうご存知の方も多いように、体内の尿酸値が一気に上がると、痛風発作が発症しやすくなります。このような状態を避けるためにも、日頃からこまめに水分を摂るようにしましょう。

喉の渇きを感じる前に、きちんと水分摂取することが大切。目安としては、1日2リットル以上が理想的です。ちなみに、水分はお茶か水がオススメです。

喫煙は合併症のリスクを高める

タバコが痛風の直接的な原因になるわけでありません。ただ、喫煙の習慣と高尿酸血症が合わせることで、動脈硬化は悪化します

そうなると、心筋梗塞や脳梗塞といった恐ろしい合併症のリスクは確実に上がるので、やはり、できることなら禁煙はした方が良いでしょう。

いかがでしょうか?そんなに難しい生活習慣ではないですよね。ちょっとした心掛けで改善できることばかりです。上手に生活習慣を改善し、一刻も早く辛い痛風を克服しましょう。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒョウガトウキ」
ヒョウガトウキの効果

ヒョウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!