辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

HOME/ 今日から始めたい痛風の改善方法/ 痛み止めで痛風の痛みを和らげる

痛み止めで痛風の痛みを和らげる

急に痛みが激しくなったとき、クリニックを受診できないときの対処法として市販薬を服用するという選択肢があります。ここでは、市販の鎮痛剤などを用いて痛風の激痛を緩和する方法についてまとめてみました。

市販薬は一時的に痛みを和らげるだけと考えよう

痛風の痛みは夜中に突然起こることが多く、自分自身で痛みに対処しなければならない場合もあります。親指の付け根の激しい痛みは歩行にも支障をきたすので、できれば早めに痛みを取り除きたいもの。

クリニックを受診できない場合は、市販の薬でとりいそぎ対処することができます。ドラッグストアには、さまざまなタイプの鎮痛剤が販売されていますから、注意して選べば効果的に痛みを取り除くことができます。

しかし、市販の鎮痛剤は、痛風の痛みを一時的に緩和するだけのものであって、根本的な治療にはなりません。市販の痛み止めを使用し続けても、痛風が改善することはないので、いずれはクリニックを受診して薬を処方してもらったり、体質そのものを改善する必要があることを認識しておくべきです。激しい痛みが治まったら、すぐにクリニックを受診しましょう。

痛風で使用を控えた方がいい鎮痛薬に注意!

市販の痛み止めの中で、アスピリン系の薬は尿酸値を上げ、痛風の痛みを増加させてしまう作用があるので、あまり服用することはお勧めしません。アスピリン系の鎮痛剤とは、主成分としてアセチルサリチル酸を配合しているもので、主な商品名としては以下のものが挙げられます。

  • バファリン
  • ロキソニン
  • バイエルアスピリン
  • エキセドリンA錠
  • ケロリン

普段何気なく使用している上記の鎮痛剤ですが、副作用もあることを覚えておきましょう。耐えられないくらいの痛みに襲われる前に、日ごろから痛風に良い食事やサプリメントを摂った方が得策です。

痛みが和らいだら体質改善に取り組もう

アスピリン系以外の鎮痛剤を使って急な痛みが和らいだら、クリニックで痛風の症状に合った薬を処方してもらいます。関節の炎症を抑える消炎鎮痛作用のある薬や、ステロイド剤などを用いるのが一般的。薬の服用を続けて、痛みや炎症がなくなってから、根本的な治療となる尿酸のコントロールへと移ります。

尿酸のコントロールには、生活習慣の改善が不可欠。特に食事内容の改善は重要となってきます。毎日の食事に気を配るとともに、サプリメントなどを利用して効果的に尿酸値を抑える工夫をしましょう。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒョウガトウキ」
ヒョウガトウキの効果

ヒョウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!