辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

アンセリン DHC

DHCが販売しているサプリ『アンセリン』について、痛風への効果や特徴、飲んでいる人の口コミなどを紹介します。

DHCの『アンセリン』の特徴や効果

アンセリン DHCの画像
画像引用元:株式会社DHC
http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=4222

DHCの『アンセリン』には、回遊魚の赤身に含まれる特有の成分であるアンセリンを、約30倍に濃縮したフィッシュペプチドを配合しています。1日の摂取量である3粒で60mgのアンセリンを摂ることができ、DHCが行なったモニター調査では、血清尿酸値が7.1mg/dlの男性を対象に2週間服用してもらったところ、多くのモニターさんに尿酸値の低下が見られたという結果があります。

普段からプリン体を多く含む食事や飲酒が多い方は、1日分3粒を食事ごとに数回に分けて飲むと、より効果が高まります。

1袋に約1ヶ月分入って2,000円程度で、価格が安く続けやすいのも魅力です。

配合されている有効成分

アンセリン含有フィッシュペプチド

愛飲者の口コミ情報

  • 30代の息子は、尿酸値が高くなると足に痛みが出て歩けなくなり、ロキソニンなどで抑えてなんとか会社へ行く状態が3年ほど続いていました。DHCのアンセリンを飲むように勧めたところ、2ヶ月くらいで発作がおきなくなり、3ヶ月くらいで足が痛いと言わなくなりました。家族も本人もとても驚いています。(50代・主婦)
  • 尿酸値が高い状態でマラソンにチャレンジし、それがキッカケで激しい痛風発作に襲われました。病院で湿布や飲み薬を処方されましたが、腫れも痛みもなかなか引かず、わらにもすがる思いでアンセリンのサプリを手に取りました。飲み始めて1週間で痛みが和らぎ、2週間ほどで走れるまでに回復。即効性がすごいと思いました。(50代・会社員)
  • サウナ上がりのビールが大好きで尿酸値の上下が激しい私ですが、DHCのアンセリンを飲み続けているおかげか痛風の発作が出ていません。このサプリを飲む前は、尿酸値が8以上になったこともあり、医者からも注意されていたのが嘘のようです。(30代・会社員)

サプリメントの基本情報

商品名 アンセリン
販売元 株式会社DHC
内容量 1粒230mg×90粒入り
価格 2,138円(税込)※キャンペーン価格
1日の摂取量 1日3粒(690mg)
原材料 フィッシュペプチド(デキストリン、魚肉抽出物)、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、ゼラチン、着色料(カラメル、酸化チタン)

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!