辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

恵葉プレミアム

痛風の改善や予防のために効果的な植物成分などをバランスよく配合したサプリメント『恵葉プレミアム』について、成分の特徴と実際に飲んでいる人の口コミを紹介します。

『恵葉プレミアム』の特徴や効果

恵葉プレミアムの画像
画像引用元:株式会社コアシステム公式HP
http://www.jnet-store.com/lp/keiyop/

『恵葉プレミアム』は、マグロなど回遊魚の筋肉に多く含まれ、尿酸のコントロールに効果を発揮するアンセリンと、プリン体が気になる方におすすめのキャッツクローというハーブを配合した錠剤タイプのサプリメントです。

エンジュという植物から抽出するケルセチンという成分や、葉酸、ビタミンC、酸化マグネシウムなども配合。プリン体の吸収を抑制したり、尿酸の排出を促す効果のある植物成分をいくつか組み合わせているので、痛風改善に高い効果を発揮してくれます。

配合されている有効成分

キャッツクロー、アンセリン、ケルセチン、葉酸、ビタミンC、ヨモギ、酸化マグネシウム、海藻

注目成分「キャッツクロー」の特徴

キャッツクローの概要

キャッツクローは、南米を原産とするハーブで、古くはインカ帝国の時代から先住民たちの間で関節炎などに効果があるとして親しまれてきたハーブです。厚生労働省が構築している「統合医療」情報発信サイトに掲載されている、キャッツクローのファクトシートによれば、キャッツクローは、免疫系の維持や腎機能の改善、避妊や妊娠中絶手術にも用いられてきたハーブで、最近ではウイルス感染症や関節炎などの伝統療法・民間療法に用いられているそうです。

キャッツクローの効用

主なキャッツクローの持つ効用は次の通りです。

  • 関節炎の治療
  • 免疫系の維持
  • 腎機能の改善
  • 避妊、妊娠中絶

実際、2002年に発表された海外の研究では、関節リウマチ患者を対象にキャッツクローもしくはプラセボ(偽薬)を24週間投与した結果、キャッツクローを投与されたグループは、関節の痛みが減少したことが報告されています。

参考:『Randomized double blind trial of an extract from the pentacyclic alkaloid-chemotype of uncaria tomentosa for the treatment of rheumatoid arthritis.』J Rheumatol. 2002 Apr;29(4):678-81.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11950006

また、最近では、アメリカの国立老化研究所がキャッツクローの持つアルツハイマー治療の可能性を調べるために、キャッツクローが脳に与える影響の研究も行われています。

キャッツクローの副作用はあまり報告されていませんが、避妊や妊娠中絶のハーブとしても活用されてきたことから、妊婦の方は服用を控えた方がいいかもしれません。 また、副作用として起こりえる症状には、頭痛・めまい・嘔吐といった症状が挙げられます。

注目成分「ケルセチン」の特徴

ケルセチンの概要

野菜の色素ポリフェノールの中でも黄色い色素でビタミンと似たような働きをする健康成分として注目されているケルセチンは、タマネギ、ブロッコリー、リンゴ、ブドウ、クランベリーなどに含まれています。

ケルセチンの効用

主なケルセチンの持つ効能は次の通りです。

  • 血糖値を低下させる
  • 生活習慣病の予防
  • コレステロールの低下作用
  • 炎症物質ヒスタミンを抑える作用
  • 抗酸化作用

特に、痛風の方にとって嬉しいのが、ケルセチンの持つ抗酸化作用です。抗酸化作用があることで、ケルセチンは体内の活性酸素を除去してくれるため、血流が改善され、関節痛で動かさなくなった足などの筋肉の減少を抑制してくれます。 また、腫れや炎症などを引き起こすヒスタミンという物質の発生を抑えてくれる作用もあると報告されています。

痛風だけでなく、お酒や脂っこいものが好きな方には、抗酸化作用があり、コレステロールの酸化を防いでくれるケルセチンの存在はありがたいところです。

ラットを使って行われたケルセチンの影響を調べる研究では、高血圧自然発症ラットにケルセチンを投与。ラットに及ぼす影響を調べています。研究報告によれば、ケルセチンは血圧の上昇を抑制していたことがわかっています。ただし、高用量でケルセチンを投与されたラットは、大動脈や腎臓で酸化ストレスが増大させられていたこともわかっていますので、ケルセチンを摂る際には適量を守る方が良さそうです。

参考:『高血圧 自然発症ラットの大動脈・腎臓におけるスーパーオキシド産生に及ぼすケルセチンの影響』2008
http://a-plus.auhw.ac.jp/modules/xoonips/download.php/KJ00005071758.pdf?file_id=983

ケルセチンの1日の摂取目安量は、約100?500mg。玉ねぎで換算すれば、1日玉ねぎ半分から1個程度です。これなら毎日続けられそうだと思った方もいるのではないでしょうか?

ただし、ケルセチンは玉ねぎに多く含まれているとはいえ、調理の過程で捨ててしまう部分にもケルセチンが含まれていますから、単純に玉ねぎを毎日1個食べているから安心、というわけにはいかないようです。サプリメントを上手に活用しながら食事とサプリメントからケルセチンを摂取する生活習慣をつけてみてはいかがでしょうか?

愛飲者の口コミ情報

  • 酒を飲み過ぎた翌日は、足の指がウズウズしていました。このサプリメントを始めてからは、飲み会の翌日も何事もなく過ごせるようになりました。痛風のサプリメントは高額なものが多いですが、これはお手軽な値段で続けやすいです。(50代・会社員)
  • 尿酸値が心配でいつ痛みが出るか気になっていました。同僚から勧められ、恵葉プレミアムを試してみたら調子が良くなってきました。ほかのサプリもいろいろ飲んでみたけど、納得がいく結果が得られたのは恵葉プレミアムだけでした。(40代・会社員)
  • 普段からプリン体が多い食事ばかりで、健康診断ではいつもビクビク。好きなビールも控えています。このサプリメントにしてから徐々に数値が安定してきているので、安心してビールが飲める日も近いかも。(40代・自営業)

サプリメントの基本情報

商品名 恵葉プレミアム
販売元 株式会社コアシステム
内容量 1粒350mg・90粒入り
価格 7,980円(税込)
1日の摂取量 1日3粒(1050mg)
原材料 フィッシュペプチド(アンセリン含有)、キャッツクロー、還元麦芽糖水飴、海藻、エンジュ抽出物、ヨモギ粉末、粉末セルロース、ビタミンC、酸化マグネシウム、ステアリン酸カルシウム、葉酸

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)

<受付時間>平日9:00~19:00
土曜日9:00~18:00(日・祝日休み)

「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)

<受付時間>9:00~20:00(日・祝日休み)

「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)

※お問い合わせの対応はメールのみ

あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!
pagetop