辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

白井田七

痛風の改善に効果があると評判のサプリメント『白井田七』の特徴や配合成分、実際に飲んでいる人の口コミを紹介します。

『白井田七』の特徴や効果

白井田七の画像
画像引用元:さくらフォレスト株式会社公式HP
http://www.sakura-tuhan.com/campaign/spo-z/

『白井田七』は、中国雲南省の高山で、完全無農薬・有機栽培で生産されている田七人参に、有機栽培玄米のみを加えて作られたサプリメントです。

田七人参は、血液浄化や血行促進、疲労回復などに絶大な効果を持つ薬草人参のひとつで、雲南省の限られた地域のみで生産されています。収穫までに3〜7年ほど要するためにとても珍重されており、サポニンやカロチン、19種類のアミノ酸、葉酸やビタミンB群、フラボノイドなど数十種類の有効成分が含まれており、糖代謝や脂質の代謝、尿酸の排出などを促進する作用があります。血液をサラサラにする効果に定評があり、血糖値や血圧が高めの方、尿酸値が気になる方などにおすすめです。

『白井田七』は、飲みやすい錠剤タイプのサプリメントと醗酵ドリンクの甕(かめ)、粉末のお茶タイプがあり、ライフスタイルや好みに合わせて選べます。

配合されている有効成分

サポニン、フラボノイド、ギャバ、ビタミンB群、田七ケトン、葉酸など数十種類の有効成分

・サポニン

サポニンは血液をサラサラにする効果を持つ成分です。血行が改善することにより腎機能が活発になり、尿をたくさん産生して尿酸を効率よく体外に排出してくれます。また、内臓脂肪をつきにくくし肥満を抑制する効果も期待できるので、痛風予防に最適な成分です。

・フラボノイド

体内のタンパク質を破壊し、数々の成人病や老化の原因となるといわれている活性酸素に対抗できる、強力な抗酸化作用を持つ成分です。痛風が再発しにくい身体へと体質改善が見込めるだけでなく、心筋梗塞や動脈硬化といった生活習慣病の予防にもなります。

・ギャバ

ギャバは腎臓の働きを促進する作用があり、尿の生成を助けます。尿がたくさん作られることで、尿の中に溶け込んだ尿酸も体外に排出され、尿酸値を効果的に下げることができます。また、血圧降下、動脈硬化予防にも効果があります。

・ビタミンB群

ビタミンB1、B2、B3など複数のビタミンBを総称してビタミンB群と呼びます。酵素の働きを助ける機能を持ち、脂肪燃焼、新陳代謝の促進、脂肪肝・動脈硬化予防、疲労回復など身体のさまざまな面で健康維持に役立ちます。

・田七ケトン

田七人参にのみ含有されている特殊成分です。狭心症、冠状脈疾患などに効果を持つ他、血中のコレステロール値を下げる、中性脂肪を減少させる、代謝を改善して脂肪の蓄積を予防するなどの働きも持っており、全身の血流をサラサラに保ち、健康を維持してくれる成分です。

・葉酸

尿酸をつくりだす成分キサンチンオキシダーゼの働きを阻害する成分で、尿酸値上昇の抑制に効果を発揮します。またタンパク質代謝の仕組みを正常化に保ち、尿酸の元となるプリン体の過剰な産生を抑える作用もあり、尿酸値コントロールに最適です。

注目成分「サポニン」の特徴

野菜や果物などの植物から発見された化学物質、ファイトケミカルの一つである「サポニン」は、高麗人参などに含まれる成分です。サポニンには、抗酸化作用や血清脂質を下げる作用、肝機能の数値改善、抗ウイルスなどの作用があると言われています。

サポニンの摂取がオススメなのは、やはり普段からお酒や脂っこいものを食べて肝臓に負担をかけてしまっている方や、生活習慣病が気になっている方です。

サポニンは、もともと水、油のいずれにもなじみやすい性質を持っていて、コレステロールや中性脂肪などを溶かしてくれると言われています。その結果、血液内にある余分な脂質が洗い流され、サラサラの血液になるのです。血液がサラサラになれば、痛風の改善や、余分な尿酸の排出などにもつながります。また、痛風とは少々違いますが、サポニンには喉の炎症に対する鎮静作用もあるそうですから、風邪を引いた際にも回復を助けてくれる成分と言えるのではないでしょうか?

例えば、鳥取大学と島根大学などの研究チームによって発表された論文によれば、トチノキ種子から抽出されたサポニン成分をマウスに投与。その結果、血糖値上昇の抑制効果が確認されたそうです。

参考:『あく抜き処理トチノキ種子のサポニン成分の化学構造と血糖値上昇抑制作用』日本食品科学工学会誌 51(12) 2004
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk1995/51/12/51_12_672/_pdf

また、昭和大学薬学部、明治薬科大学から1978年に発表された論文内でも、サポニンの効果は次のように示されています。

中枢抑制作用、中枢興奮作用、抗疲労作用、神経成長因子の作用増強、ラット肝、骨髄及び結成のコレステロール、脂質、RNA、タンパクの合成促進作用を明らかにした

出典:『薬用人参のサポニンの定量法』YAKUGAKU ZASSHI 98(8) 1978
https://www.jstage.jst.go.jp/article/yakushi1947/98/8/98_8_1048/_pdf

他にも、サポニンの効用を示す研究は数多く、サポニンのサプリメントなどでも多く用いられている田七人参粉末の血圧や脂質代謝に及ぼす影響を調べた近畿大学の研究では、田七人参粉末を投与したラットは、動脈硬化指数が低いなどの結果が表れていたと報告されています。

参考:『田七人参粉末投与がSHRSP (脳卒中易発症性高血圧自然発症ラット) の血圧ならびに脂質代謝に及ぼす影響』日本栄養・食糧学会誌Vol. 50(2) 1997 No. 8
https://www.jstage.jst.go.jp/article/yakushi1947/98/8/98_8_1048/_pdf

サポニンを多く含む食材には、次のような食品があります。

<サポニンを多く含む食材>

  • 田七人参
  • 高麗人参
  • 大豆
  • 黒豆
  • ごぼう

どの食材も毎日食べたいところですが、なかなかそうはいかないですよね。そこでオススメなのが、サプリメントなどを上手に組み合わせてサポニンを摂る習慣を作ること。 また、高麗人参よりも田七人参の方が、サポニン含有量が多いと言われていますので、サプリメント選びの参考にしてみるといいでしょう。

注目成分「フラボノイド」

ポリフェノールの一種として馴染みのある「フラボノイド」。聞いたことはあるし、なんだか体に良さそうだけど、具体的に何がいいのかわからない……。というかたもいらっしゃるかもしれません。色素成分であるポリフェノールの中でも大半を占めるフラボノイド系の成分には、次のようなものがあります。

  • カテキン
  • イソフラボン
  • アントシアニン
  • ケルセチン

平たく言ってしまえば、フラボノイドは植物が光合成で作り出す色素成分です。普段から食べている野菜や果物にも含まれているため、健康効果を期待して摂取するのも比較的ハードルが低い成分であることから、世界中で注目されています。

フラボノイドが持つ健康効果はフラボノイドの種類によっても様々です。 簡単によく知られている健康効果をフラボノイドの種類別に見てみましょう。

  • カテキン:抗菌・殺菌作用、抗ウイルス作用、抗アレルギー作用、活性酸素除去など
  • イソフラボン:更年期障害の症状改善など
  • アントシアニン:視力の回復など
  • ケルセチン:アレルギー抑制など

このように、フラボノイドは様々な効果をもたらす物質です。アレルギーとフラボノイドの関係についても、フラボノイドとアレルギーに関する研究論文では次のように記載されています。

これまでのフラボノイドの摂取とアレルギー疾患に関する疫学研究では、野菜摂取と喘息の有病率が逆相関すること、リンゴの摂取量と喘息の有病率が逆相関すること、赤ワイン摂取量と喘息の重症度が逆相関し、その効果がリンゴや赤ワインに含まれるポリフェノールの中で、フラボノイドによることが報告されています。

出典:『通常の食事で摂取する食事品目は単一ではなく複数である。〜中略〜 抗酸化活性についても、フラボノイド単独ではなく、ビタミンCやビタミンEなど他の抗酸化成分との相互作用が重要である。

出典:『野菜フラボノイドの生体利用性と抗酸化活性』日本補完代替医療学会誌 2(1) 2006 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcam/3/1/3_1_1/_pdf

これらの健康効果を研究・証明した論文をご紹介してみましょう。

・カテキンが心臓血管疾患を予防

緑茶に含まれているカテキンが及ぼす影響を18人の成人男性を対象に調査。緑茶から抽出されたカテキンを経口摂取した男性の血液中の抗酸化能力を調査したところ、血中酸化物質の濃度が低下。心臓血管疾患などの予防に有効な働きがあることが示されています。

参考:『Tea catechin supplementation increases antioxidant capacity and prevents phospholipid hydroperoxidation in plasma of humans.』J Agric Food Chem. 47(10) 1999
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10552751

フラボノイドの摂取方法については、2006年に野菜茶業研究所などから発表された論文『野菜フラボノイドの生体利用生徒抗酸化活性』で次のように記されています。

通常の食事で摂取する食事品目は単一ではなく複数である。〜中略〜 抗酸化活性についても、フラボノイド単独ではなく、ビタミンCやビタミンEなど他の抗酸化成分との相互作用が重要である。

出典:『野菜フラボノイドの生体利用性と抗酸化活性』ビタミン 80(8) 2006
https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/80/8/80_KJ00004362797/_pdf

つまり、フラボノイドがいくら体にいいからといっても、フラボノイドだけを摂っていればいいわけではなく、他の栄養素とバランスよく食生活の中で摂取することが大切です。

愛飲者の口コミ情報

  • 健康診断で血糖値やら尿酸値が高くて焦っている主人に、白井田七のサプリメントを薦めました。錠剤を飲むだけで手軽だし、飲み始めてから体が疲れにくくなってきたと言っています。主人と一緒に私も飲み始めようと思っています。(40代・パート勤務)
  • 痛風発作で靴が履けないほどの腫れと激しい痛みに襲われました。知り合いから白井田七がいいと聞き、急いで購入して飲み始めたら、3日ほどで痛みが和らいで腫れもおさまってきました。1週間で靴が履けるようになり、本当に助かりました。これからは痛風発作予防のために飲み続けたいです。(50代・会社員)
  • 私は尿酸値が高くて、ときどき手や足に痛みがありました。白井田七を飲み始めてからは、トイレに行く回数が増えて手足の痛みがなくなり、尿酸値も下がりました。今では病院で処方されていた薬もやめ、白井田七だけを飲んでいます。(40代・会社経営)

サプリメントの基本情報

商品名 白井田七
販売元 さくらフォレスト株式会社
内容量 1粒250mg×120粒入り
価格 初回限定2,980円(税抜)
1日の摂取量 1日4~8粒
原材料 有機田七人参、有機玄米

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)

<受付時間>平日9:00~19:00
土曜日9:00~18:00(日・祝日休み)

「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)

<受付時間>9:00~20:00(日・祝日休み)

「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)

※お問い合わせの対応はメールのみ

あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!
pagetop