辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

HOME/ 痛風の治療に使われる薬の効果や尿酸値について

痛風の治療に使われる薬の効果や尿酸値について

このカテゴリでは、痛風の治療に使用する薬の効果や特徴、副作用などをまとめています。痛風に使われる薬は、痛みや炎症に対応する薬と、尿酸をコントロールする薬に分けられます。

細かく分類すると、「尿酸の生成を抑えるもの」、「尿酸を排出しやすくするもの」、「痛風発作の炎症や痛みを抑えるもの」、などがあります。これらの治療薬について、具体的に解説していきましょう。

痛風と治療薬

痛風は、血中の尿酸が結晶化することにより、突然激しい痛みに襲われる病気です。一時的に痛みが治まったとしても、完治しない限り、また必ず痛みの発作は起こります。

痛風の治療には様々な薬が使われますが、大きく分けると「痛みを抑えるもの」と「尿酸値をコントロールするもの」に分かれます。

どの薬を使用するかは、使用時期や期間、また身体全体の機能とのバランスもありますから、必ず医師の指示を受けるようにしましょう。

また薬に頼るだけでなく、生活環境や食生活の改善も大切です。最近では、痛風を改善するサプリメントも販売されているので、薬を飲むのが嫌な方は試してみるのも良いでしょう。

それぞれのページでは、効果や特徴だけでなく、注意点や副作用も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

痛風発作の痛みや炎症を抑える薬

痛風の激しい痛みや腫れが出てしまったら、抗炎症作用のある薬で炎症を抑えます。主に、プレドニゾロンやデキサメタゾンなどの副腎皮質ステロイド剤、ナプロキセンやインドメタシンなどの非ステロイド性抗炎症薬などが用いられます。さらに、1回目の発作が起きたすぐ後に用いる、発作予防薬もあります。

尿酸を生成されにくくする薬

体内で尿酸を生成する際に発生する酵素の働きを抑える薬。主なものとして、アロプリノールとフェブキソスタットがあります。痛風発作がある場合は、痛みや腫れが治まってから使用します。

尿酸を排出しやすくする薬

尿酸を排出する機能が低下している方に適用する薬。尿酸が腎臓でろ過された後に再吸収されるのを抑制する働きがあります。ユリノームやベネシットといった薬が代表的です。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!