辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

酸性尿改善薬

ここでは、酸性尿改善薬の効果や使用時の注意について説明していきます。

酸性尿改善薬の効果

酸性尿改善薬は、痛風の原因物質となる尿酸を身体の外に排出しやすい環境を作るため、尿を正常なpH値に整える薬です。酸性尿改善薬の服用によって尿酸値を下げて痛風の改善が見込めるだけでなく、尿路結石や腎障害などの合併症を予防することもできます。

酸性尿改善薬が尿酸値を下げるメカニズム

尿酸は水に溶け出しにくい性質を持つ物質であり、水が酸性であればあるほどその性質は強まります。健康な人であれば問題ありませんが、尿がpH6.0未満の酸性を示す酸性尿の患者さんは尿から尿酸を排出できず、体内の尿酸値は上昇していきます。体内に溜まった尿酸は関節に蓄積して痛風の原因となったり、尿路に蓄積して尿路結石を引き起こしたり、腎臓に蓄積して腎機能を低下させたりします。

酸性尿改善薬は、その名の通り酸性尿を正常な弱酸性にまで改善し、尿酸を排出しやすくする薬です。酸性尿改善薬の主成分はクエン酸であり、尿のpHをアルカリ性に傾けます。

酸性尿改善薬を服用する際に気を付けたいこと

酸性尿改善薬を服用して尿を弱酸性に整えても、尿の量そのものが少なければ尿中に溶けることができる尿酸の量も減ってしまいます。酸性尿の治療時には水分を多めに摂取するようにし、1日に2リットル程度の尿を排出できるよう心がけましょう。また、玉露・紅茶などは結石の原因となるシュウ酸を多く含むため、これらの飲み物は避け、主に水を飲むようにしてください。

医師の指導のもと、身体を酸性に傾ける特定の食材(肉・卵・魚など)を極力避け、アルカリ性に傾ける食材(海藻・野菜類など)を積極的に摂る食事療法をきちんと並行して行うことも大切です。

酸性尿改善薬の副作用

  • 高カリウム血症
  • 肝機能障害の悪化
  • 尿路感染症の悪化
  • 胃部不快感/胃痛/食欲不振/悪心
  • 口内炎/舌炎
  • 口内炎/舌炎
  • 発疹/そう痒感
  • 下痢
  • 全身倦怠感/徐脈

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)

<受付時間>平日9:00~19:00
土曜日9:00~18:00(日・祝日休み)

「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)

<受付時間>9:00~20:00(日・祝日休み)

「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)

※お問い合わせの対応はメールのみ

あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!
pagetop