辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

尿酸排泄促進薬

ここでは痛風の治療に使われる、尿酸排泄促進薬について詳しく説明しています。

尿酸排泄促進薬の効果

尿酸排泄促進薬は、尿酸の排泄が低下するタイプの人に処方される薬です。

代表的な尿酸排泄促進薬:ベンズブロマロン(商品名 ユリノーム)、プロベネシド(商品名 ベネシッド)。

  • ベンズブロマロン(商品名 ユリノーム)
    ベンズブロマロンは、尿酸排泄促進効果が最も高く、現在、処方数の最も多い尿酸排泄促進薬として知られています。
    1日1回の服用で十分な効果が得られ、また大きな副作用がないため、比較的使いやすい薬剤です。
    以前「劇症肝炎」という、重い肝機能障害の副作用が心配されたことがありましたが、これは特異体質の人に限られた副作用です。定期的な肝機能検査もあります。
  • プロベネシド(商品名 ベネシッド)
    プロベネシドは、古くから痛風の治療薬として知られています。
    飲み合わせに注意が必要ですが、医師の指導のもとにきちんと服用していけば、長期服用も可能です。

尿酸排泄促進薬のメカニズム

尿酸は、腎臓で一度ろ過された後に、再吸収されます。そのうちの10%が尿に溶け込んで排泄されます。尿酸排泄促進薬は、この再吸収を抑制することで、より尿酸が排泄されやすいよう促す効果があるのです。

尿酸排泄促進薬を服用する際に気を付けたいこと

尿酸排泄促進薬は、あくまでも高尿酸血症の治療が目的の薬なので、尿酸値を下げて基準値内に戻すだけです。

しかし、痛みをやわらげることや、白血球に働きかける効果はありませんが、尿酸を排泄しやすくすることで、鎮痛や痛風発作の改善を期待できます。

また薬で一時的に尿酸値が下がったとしても、食生活や生活習慣を改善していかなければ、再び尿酸値は上がってしまいます。

薬剤での治療と並行して、食生活をきちんと見直し、肥満の改善をしていくことが大切です。

尿酸排泄促進薬の副作用

  • 尿に含まれる尿酸の排泄量が増えるので、尿路結石になりやすくなります。
    そこで「ウラリット」という、尿をアルカリ化する薬を併用します。すでに尿路結石を発症している人は、使用はできません。
  • ベンズブロマロンは、血液をさらさらにする作用のある「ワルファリン」との併用には注意が必要です。どちらを優先するべきか、医師の指示に従ってください。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!