辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

非ステロイド性抗炎症薬

ここでは痛風の治療薬に使われる、非ステロイド性抗炎症薬について詳しく説明しています。

非ステロイド性抗炎症薬の効果

非ステロイド性抗炎症薬は、痛風発作の炎症を抑え、痛みを軽減する消炎鎮痛内服薬です。痛風発作の症状が軽いときから服用を開始すると、より効果的です。

代表的な非ステロイド性抗炎症薬:ナプロキセン・オキサプロジン・プラノプロフェン・インドメタシン

NSAIDパルス療法

特に痛みがひどい時には、非ステロイド性抗炎症薬の限度量を最大3日間続けて投与する「NSAIDパルス療法」を施します。

それでも痛みが続く場合には、引き続き通常量を服用し、完全に痛みが消えたら服用を中止します。

完全に治まっていないのに、なんとなく痛みが治まったからと服用を中止してしまうと、かえって痛風発作が悪化したり、繰り返したりすることもあるので注意しましょう。

ただし、腎機能障害などがある場合には、この治療はできません。

非ステロイド性抗炎症薬を服用する際に気を付けたいこと

消炎鎮痛効果を持つ、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の薬剤は、市販薬でも種類はたくさんあります。

しかし、痛風発作に対して使用できるものは限られています。よく知られているNSAIDとして、アスピリン(商品としてはバファリンなど)がありますが、これを大量に摂取した場合には、尿酸値を急激に下げる効果があるので、痛風発作が悪化し激痛がはしることに。

痛風以外での痛みがある場合でも、医師の判断を仰がず鎮痛剤を服用することはやめましょう。

非ステロイド性抗炎症薬の副作用

よくある副作用は胃腸炎です。胃腸炎まではいかずとも、効果の大きい鎮痛剤を飲みすぎて、「胃が荒れた」と感じた経験のある方は多いと思います。

もともと胃の弱い方は、医師や薬剤師に相談し、胃を保護する薬などと併用すると良いと言われます。その他、肝障害や連用障害なども挙げられます。

服用を開始する、または増量する際に、痛みが増してしまう恐れがあります。増量する方は特に「薬を増やしたせい」だと勘違いし、飲用を止めてしまうケースが多いようですが、今までの効果をムダにしてしまうことになるので、できる限り我慢しましょう。あまりにも痛みがひどい場合は、必ず医師に相談してください。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒョウガトウキ」
ヒョウガトウキの効果

ヒョウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!