辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

尿酸生成抑制薬

ここでは痛風の治療に使用される、尿酸生成抑制薬について詳しく説明しています。

尿酸生成抑制薬の効果

尿酸生成抑制薬は、体内で尿酸を生成しすぎないように抑制する薬です。

代表的な尿酸生成抑制薬:アロプリノールとフェブキソスタット。

  • アロプリノール
    血液中の尿酸を低下させるだけでなく、尿と一緒に排泄される尿酸の量を減少させるので、尿路結石の治療にも使われます。
  • フェブキソスタット
    2011年から使用可能となった薬。腎機能への影響も少なく、尿酸の排泄量が少ないタイプの人にも有効という報告もされています。

尿酸生成抑制薬のメカニズム

体内で尿酸が生成される時に、キサンチンオキシダーゼという酵素が、最後の仕上げとして登場します。尿酸生成抑制薬は、この酵素の働きを弱め、尿酸そのものの生成量を抑えることで、血液中の尿酸値を低下させる効果があります。

尿酸生成抑制薬を服用する際に気を付けたいこと

痛風発作が起きている時に尿酸生成抑制薬の服用を始めたり、量を増やしたりすると、痛みが増し、治りが遅くなるケースが多々あります。

尿酸の排泄を促す「尿酸排泄促進薬」と同じように、痛風発作を治療する薬ではないので、関節にたまった尿酸結晶に働きかける効果はありません。むしろ発作中に服用すると、尿酸値が急に変化することで、尿酸結晶が動き出してしまい痛みが増すようです。

痛風発作の痛みが治まってから2週間程度空けて、尿酸生成抑制薬の服用開始するのが、一般的な投薬方法です。

また並行して、生活習慣と食生活を改善していくことになります。一時的な尿酸値の低下であれば、確かに薬剤が効果的ですが、根本治療には生活と食の改善が必須です。

高血圧や高血糖などの合併症などの影響も考えられますので、しっかりと改善に取り組むようにしましょう。

尿酸生成抑制薬の副作用

下痢や皮膚症、状骨髄抑制などがあげられます。骨髄抑制は、再生不良性貧血や白血球減少症につながる症状です。

尿酸生成抑制薬は、長期間の服用になることが多いので、尿酸値の確認と副作用の有無を調べる意味でも、定期的な尿検査と血液検査を受けるようにしましょう。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!