辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

HOME/ 痛風に影響する尿酸値の基礎知識/ 尿酸値を下げる方法

尿酸値を下げる方法

血液検査で尿酸値が高いと診断されて焦っている方は結構いるのではないでしょうか?体内で増えてしまった尿酸を抑える方法について考えてみましょう。

無理のない程度の運動を習慣にすること

高尿酸血症や痛風は、生活習慣病のひとつです。血液中にコレステロールや糖分が多くなってしまう高脂血症や糖尿病、高血圧に対する改善法と同じように血液をサラサラにして血行を促進すれば、尿酸も溜まりにくくなります。そのためには、食事に気を付けるのと同時に、適度な運動を毎日行うことが大切です。運動はたまに行うのではなく、毎日続けることで体質改善の効果を発揮するのです。

このとき最も重要なのは、「無理のない程度の運動」に抑えておくこと。急に激しい運動を行ったり、炎天下で長時間運動して大量に汗をかくと、体内の水分が少なくなって尿量が減ってしまいます。尿酸は尿でしか体外へ排出することができません。一度に大量に発汗すると体内の水分量を調整するために尿が減り、排出されないまま残った尿酸によって体内の尿酸濃度が急激に高まってしまうのです。

尿酸値を下げるためには、ジョギングやウォーキングなど、体の負担とならない程度の軽い運動を、少しずつで構いませんので毎日続けることをおすすめします。

こまめな水分補給を心がけること

日常生活の中での注意点として、こまめに水分を摂ることが挙げられます。先でも解説したように、体内の水分量が減ってしまうと尿の量が減り、尿酸が体外へ排出されにくくなってしまいます。積極的に尿酸の排出を促すためにも、水分を多めにとって尿の量を増やすことが効果的です。

運動をしている時だけでなく、普段からマメに水分を摂取するようにしましょう。尿酸値の高い方が、1日1.5〜2リットルの水を飲み続けて尿酸値が低下したという報告もあります。

尿酸を抑える効果のあるサプリメントを取り入れること

最近ではあらゆる生活習慣病や体の悩み、不調に対応したサプリメントが開発されています。痛風に関しても例外ではなく、尿酸値を下げる効果が期待できる成分が発見され、サプリメントに加工されています。

例えば、田七人参などに含まれるサポニン、マグロやカツオに含まれるアンセリン、ヒュウガトウキなど、血流を促進して尿酸の排出を促してくれるものがあります。病院で処方される薬のような副作用はありませんし、痛風以外の生活習慣病にも効果があるので一石二鳥です。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!