辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

高尿酸血症とは

高尿酸血症の原因や痛風との関係について解説しています。

高尿酸血症とは?

痛風の原因になると言われる「高尿酸血症」とは、尿酸値が高くなることで、身体の様々な部分に悪影響を及ぼす病気。

血液検査の結果、尿酸値が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と言われるようです。

この7.0mgという数字は、血液の中に尿酸が溶け込むことができるMAXの値。これを超えると、溶け込めなかった尿酸は結晶化してしまいます。

痛風との関係

限界値を超えて結晶化した尿酸は、とげのあるイガイガした形をしています。

血液と一緒に体内を流れ、だんだん関節にたまっていきます。これが炎症を起こし、強い痛みを発症した状態が、痛風発作です。足の親指など、関節が腫れあがり、猛烈な痛みを引き起こします。

痛風発作の痛みそのものは、1週間程度で治まることがほとんどですが、尿酸値が下がらない限りは、またいつ痛みが出てもおかしくない状態です。一度痛みが治まっても、治療を続けることが大切になります。

また検査で、尿酸値が7.0mgのラインを越えていても、自覚症状がない方もいます。しかし、身体の中では既に結晶化が進行していることが多く、そのまま放置しておくといずれ症状があらわれます。

重傷になる前であれば、改善にさほど時間もかからないので、痛風で辛い思いをする前に対策をしていきましょう。

高尿酸血症の合併症には、どのようなものがあるの?

高尿酸血症は痛風以外にも、尿路結石、腎機能障害などを引き起こします。

また、最近では、高血圧・脂質異常(高脂血症)・高血糖を併発するメタボリックシンドロームとの関係も注目されています。

尿酸値が高い人は、メタボリックシンドロームの発症率が高く、内臓脂肪も多いそうです。このような状態は、動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞につながることもあるので、大変注意が必要です。

また肥満の方が高尿酸血症を発症すると、高脂血症や高血圧、糖尿病を併発する可能性も。

痛風発作と合わせて、こうした症状が出ている場合には、食事や生活改善だけでなく、薬物治療を開始することがほとんどです。

また、尿酸値以外の異常値も出ていることが多いため、それ以外にも本格的な治療を必要とすることになります。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!