辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

尿酸値とは何?

尿酸値とは何か、どうやって検査するかなど、尿酸値の基礎知識を紹介します。

プリン体と関係がある「尿酸値」とは?

尿酸値とは、血液中に尿酸がどのくらいの濃度で混ざっているかと言う値。血液中の尿酸が高くなると「高尿酸血症」と診断され、痛風などの原因となります。

尿酸はどうやってつくられる?

尿酸はプリン体が代謝される際に生成される成分です。いわば、残りカスのようなもの。

人間は尿酸を体内で分解することができません。なので、尿と一緒に排泄することで、体内に溜まらないようにしています。

このバランスがうまくいかないと、血液の中に尿酸が多く残ってしまい、尿酸値が高くなります。

プリン体とは?

尿酸の元になる「プリン体」とは、食べ物にはほとんど含まれている「旨味」の成分です。遺伝子やエネルギーの働きにも関わるものなので、誰の体内にも存在します。

身近な食べ物だと、ビールやレバーなどに多く含まれます。

「尿酸値を上げる悪い成分」というイメージがあるプリン体ですが、体内のバランスが保たれている限りは特に悪さをしない成分なので、適度な量を意識しましょう。

尿酸値の検査方法は?

尿酸値は血液検査で調べることができます。字面から判断して、尿検査をすると思われがちですが、血清1リットル中の尿酸濃度を測って調べます。

健康診断や人間ドックの血液検査の項目に、尿酸(UAまたはUrと記載)や血清尿酸値と書いてある項目です。

最近では「痛風検査」と呼ぶことも。実際には、痛風以外の検査にもつながりますが、痛風を発症されている方や、予備軍と呼ばれる方が増えているためこのように称されることが多いとか。

尿酸値の基準

一般的な基準値は男性が3.0~7.0mg/dl、女性が2.6~6.5mg/dlとされています。もともとのホルモンの関係で、女性の方がやや低めの傾向があるようです。

尿酸値がこれらの基準値より大きいと、高尿酸血症と診断されます。検査で高い数値が出た場合には、医師と相談の上、生活習慣の改善や食事療法を開始します。

ただ、激しい運動をした後やその翌日、空腹時、脱水症状の時などは、一時的な尿酸値の上昇が見られることがあるので注意が必要です。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒョウガトウキ」
ヒョウガトウキの効果

ヒョウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!