辛い痛風に立ち向かう人のための改善方法まとめ

痛風結節とは

ここでは、痛風結節とはどういうものか詳しく説明しています。

痛風結節とは

痛風結節とは、尿酸の結晶がコブ状のかたまりになって、皮膚の下にたまってしまう病気です。

主として耳たぶやひじ、ひざやかかと、手の指た足の指の関節に症状が現われます。血流が少なくて体温が低い部位や日常生活の中で刺激を受けやすい部位にできやすいと言われます。腎臓等、臓器にできるケースも稀にあるようです。

痛風発作が起きてから数年後に発症する場合が多いようです。とはいえ、痛風を発症すると全員結節ができるというわけではありません。高尿酸血症を放置し、痛風の症状が慢性化してしまった場合、できやすくなります。

痛風を長い期間患っていて、身体のいずれか(痛風発作の起こる部位の周辺など)にコブができた場合、そのコブは痛風結節の可能性があります。必ず病院で診断を受けましょう。

痛風結節の大きさや症状

最初は痛みもなく、ニキビのような小さいものなので、気づかないことが多いです。しかし放置しておくとだんだん大きくなり、米や大豆くらいの大きさだったものが、リンゴくらいの大きさにまでなることも。

結節が、目ではっきりと「コブ」と分かるくらいの大きさになると、関節の変形や脱臼を引き起します。それにより痛みを感じたり、動きが制限されたりと、様々な症状が表れるようです。

また、このコブがあまりにも大きくなると、皮膚が割れ、中から尿酸の結晶(おからのようなもの)が溢れてしまう場合もあるので、早めの治療を心がけましょう。

痛風結節の治療法

痛風結節は、尿酸値を下げれば消えていきます。尿酸値を正常の値まで下げれば、出来ていた結晶が少しずつ溶け始め、やがてふくらんでいた結節も消滅します。

手術で取り除くことは難しいため、他の症状と同じく、時間をかけて治療することが必要です。

痛風結節は、痛風発作を自覚してから、かなりの時間が経たない限り、生じることはありません。早い段階で痛風の治療を開始すれば、起こることのない症状です。

痛みがないからと放置せず、血液検査の結果で、尿酸値の上昇があった場合には、速やかに食事・生活環境の見直しを始めましょう。

痛風に効果的な成分はコレ!

痛風は尿酸によって身体中の神経や筋肉が刺激される病気ですから、血中の尿酸値をコントロールすることができれば、予防や対策が可能です。どのような成分を摂取すれば尿酸値をおさえられるのかを理解し、食事やサプリメントでそれらの有効成分を補っていきましょう。
「サポニン」
サポニンの効果

サポニンには血中のコレステロールを低下させ、血小板の凝縮をおさえる働きがあります。血流をスムーズにするので体内に尿酸がたまりにくく、痛風の対策として高い効果が見込めます。

おすすめサプリ白井田七
白井田七 キャプチャ
価格 /2,980円(120粒)
「アンセリン」
アンセリンの効果

アンセリンは疲労回復やアンチエイジングに効果が見込める成分で、プリン体の吸収を抑制することで尿酸の排出を効果的にサポートします。食生活や生活習慣が気になる方におすすめ。

おすすめサプリDHCアンセリン
DHCアンセリン キャプチャ
価格 /2,138円(90粒)
「ヒュウガトウキ」
ヒュウガトウキの効果

ヒュウガトウキはお茶として飲まれることが多く、摂取しやすいのがメリット。血行促進や高血圧の改善・糖尿病の対策としても活用されています。抗酸化力もあり、アンチエイジングにも◎。

おすすめサプリヒュウガトウキのめぐみ
ヒュウガトウキのめぐみ キャプチャ
価格 /5,500円(180粒)
あなたの痛風危険度は?簡単セルフチェック!